私たちの求人募集 2022

2022.05.22

求人情報

読みもの

私たち1TO2BLDG.は、
デザイン会社である株式会社ブライトが運営をしています。

仙台市中心部から少し離れた片平一丁目にある白い4階建てのビル1棟をリノベーションし、CAFEMUGI、シルクスクリーン印刷所のSURUCCHA、ブライトのデザイン室を併設しています。
元々は貸しギャラリーも運営していましたが、コロナを機に貸し出しをやめ、自社で行う印刷所へと業態変更しました。

 

(地下鉄西公園駅から徒歩5分。すぐそばに公園や広瀬川があり仙台市内の中でも自然豊かな場所)

 

 

1TO2BLDG.は青葉通り沿いにあり、

一年中ケヤキ並木の四季が望める立地にあり、自然の気持ちよさを感じながら通勤できます。

 

(4階からの風景)

 

 

ビルをリノベーションした際には、昔、だるま薬局だった頃から長年使われてきた、外壁や床や手すりなどはそのまま活かして使っています。
予算面もあったので良い所は残して必要最低限の内装を施した感じです。無機質なコンクリートと木のぬくもりが融合した、新しすぎない落ち着いた印象の店内にデザインしました。

 

(1階はカフェムギ。デザインチームの皆んなは、カフェチームが作ってくれるランチや焼菓子が大好きでよく食べています)

(2階は客席)

(福利厚生として、カフェメニューが割引になる社員割引があります)

(3Fはシルクスクリーンの印刷所SURUCCHA)

(誰でも気軽にグッズの制作やお仕事で活用できます)

(ビルの裏にあるワンちゃん専用のお庭席)

 

4階にあるデザイン室は、宮城の県産材をふんだんに使用して、機能性もありながらも、
毎日頭を使う仕事が多いみんなが少しでも癒されるようにと想いを込めてこの空間を仕上げました。

 

(MTGテーブルは広島の廃校から譲り受けた木工室の作業台に天板をおいただけ。椅子は全て天童木工。)

 

 

今年でブライトを立ち上げて12年目、1TO2BLDG.は6年目になりました。
これまでの月日を経て、オープニングメンバーはとても心強い家族のような仲間になり、さらにコロナ禍を経て、個性溢れる4名のメンバーが新たに加わりました。現在は総勢11名(1名産休中)と犬2頭がいる、アットホームな職場となりました。

 

(看板犬のムギとコメ。ジャックラッセルテリアの女の子。みんなを癒すのがお仕事。)

 

 

私たちの職場は、多種多様の業務があり必要となるスキルも多岐にわたるため、一緒に働くメンバーたちも経歴はさまざま。1人1人が光る個性をもっています。

 

1TO2チームの業務は、調理・菓子製造・食品や手仕事品の販売・印刷・イベント企画など。

 

デザインチームの業務は、ブランドコンセプトの立案からのブランド開発・VI計画、
グラフィックデザイン全般に印刷ディレクション、WEB開発・システム構築・アクセス解析、
撮影のディレクション・コピーライティング、

また店舗や施設ブランドなども多くご相談いただくため外部の建築家や商業建築事務所等との連携やサイン計画に、
ご予算によっては自分たちでコピーを考えたり、撮影をしたり、イラストを描いたり、内装のデザイン等も担当することもあります。

 

その他メディアサイトの運用やクライアントのSNSの運用サポート、PRや卸先の紹介・イベント企画などとにかく多様です。

 

(自社で運営しているカフェムギのパッケージデザイン。表面的なデザインだけでなく食品の品質調査や、冷凍冷蔵状態での保存実験、原価率の設定など、自店舗で実験しながら検証し、日々勉強をしています)

 

 

デザインの仕事は、これまでの12年間ずっと、クライアントと“直接対話”をしながらつくる案件のみを継続してやってきました。

 

現在も、図書館・公園・キャンプ場などの施設ブランディングに、
福祉ブランド・食品ブランド(海産物・加工食品)・塗料ブランド・
コーポレートブランディング(建築・不動産)、
店舗ブランディング(ベーカリー・フレンチ・生活雑貨・カフェ・和食)、
FC用事業ブランド、WEBブランド開発3件など、

約18案件ほどを並行して多種多様なブランド開発の仕事をしております。

上記、新規ブランド開発の他にも、初回VI計画が完了したお客様のサポートも並行して行っています。

 

(青葉通りのきれいな新緑を望めるデザイン室の作業スペース)

 

 

また、もう少し先のことになりますが自社で行う新規事業を現在計画中です。

空きビルをリノベーションした1TO2BLDGと昨年、市内から少し離れた場所にある古民家をリノベーションし「ムギの離れ」を作りました。(住所非公開)住宅地でコロナ禍ということもありお客様は入れず、現在はメニュー開発や菓子製造として活用しています。その場所はこのまま非公開で、スタッフだけが使う場所にしようかとも考えています。

 

今回、新たに土地から探して新規事業を行う予定です。詳しくはここでは書きませんが、
今までそれぞれに事業を行っていたデザインチームと菓子製造チームが一つになった新規事業です。

 

空きビル・古民家ときて、私たちらしい素敵な場所に巡り会えたら一気にスタートしたいと考えています。
クライアントワークの他にも、そんな自社ブランドの開発のためにも新たに人手が必要になりました。

(古民家を改修したムギの離れ)

 

今回の求人募集は、誰かが退職したからという穴埋めの募集ではありません。

 

12年経過すると、当時の想いや考え、スタッフの人数など多くの変化がありました。
ずっと走り続けてきた今ここで一度、私たちの会社のある意味やこれからの10年を見据え、
目指すべき方向性のチューニングが必要になってきました。

 

その中で、仙台できちんとしたブランディングが出来るデザイン会社という印象の確立を目指し、現在、会社全体のリブランディングを行っています。
今後、自社ブランドをより強くするために、新しい体制を整えるべく新規で1名の募集をすることにいたりました。

 

デザインのお客さまでも創業から数年が経過すると、当初の目的から徐々にずれてくる場合が多く見受けられ、定期的に小さなチューニングや数年単位の大規模なリブランディングが必要になります。
そうした際に、ブランディングを行っている私たちが見本となれるよう、実際に自社のリブランディングを行いながら検証し、実証実験をしているという側面も兼ねています。

 

さまざまな経歴のメンバーがいると書きましたが、私たちの採用基準は経歴重視ではありません。
そもそも経営者である私たち夫婦が大学は出ておらず専門学校卒という経歴です。

(右 とにかく犬への愛が止まらない代表 笑)

(右から2番目 お菓子を作ること、食べることが大好きな 笑 代表の妻)

 

 

デザインする人も店舗に立つ人も根っこは同じで「お客さまを喜ばせるサービス業」だと考えているので、
自分よりも相手やチームのことを思いやれる人であってほしいと思っています。

今回募集するデザイン室では、幅広い業界のブランディングを担うため、コミュニーケーション力と提案力も重要視しています。

 

作業的にこなすことなく、お客さまと連携しながら、その想いを汲み取り、要望の実現化や方法を、思いやりをもって提案ができるような人柄を望んでいます。

 

(プロダクトなどの実績)

 

 

 

 

現代はあらゆるモノやサービスが溢れかえり何を売るにも必ず競合がいる時代。

美味しいモノ・いいモノ・いいサービスはもう当たり前。その中でも “選ばれる”ためにブランディングの力が必要になっていると考えています。

 

 “選ばれる”ために個性や魅力を正しく差異化し伝えることで、お客さまが前よりも“より輝く“ことを目指し、私たちと同じ目線で本気で取り組んでくれる方をお待ちしております。
技術やテクニックは後から覚えてもらえればいいです。気持ちと人柄を重視します。
お客さまからお金をいただき、提案する仕事なので日々の勉強も大切です。デザイナーとして努力を惜しまず成長を続けられる人であってほしいです。

 

デザイン室は少人数で1人が担当する業務幅も多いですが、こうした環境を楽しめるような方と出会えたら嬉しいです。ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

▷株式会社ブライト2022募集要項

記事を書いた人

荒川 瞳

プロジェクトマネージャー ・ デザイナー

山形県米沢市生まれ。家業は田舎の小さな町工場。自営業のもとで育ち、幼少期から自分で何でも手作りする事が好きになる。高校時代は調理・農業・服飾を学び、その後は仙台の専門学校でグラフィックデザインを学ぶ。卒業後は仙台市内のデザイン会社で数年間勤務した後、飲食業へ転職。約10年間、菓子製造や珈琲の知識を積む。同時期に並行して服飾経験を生かしたオーダー制のエプロン屋も個人事業で開業。その後、夫の事業と合わせて2017年に法人化、1TO2BLDG.を立ち上げ、現在に至る。好きなものは、犬、じゃがいも、ビール、コーヒー、もちもちモフモフしたもの。

編集室おすすめ4 8

Vol.3 写真を刷る

Vol.5 佐伯祐三『酒場(オー・カーヴ・ブルー)』

Vol.2 シルクで刷れるもの

Vol.4 神坂雪佳『春の田面』

Vol.1 シルクスクリーンで「多色刷り」

Vol.3 ジュルジュ・ルオー『聖顔』

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。

編集室おすすめ4 8

ムギとコメの日常

ムギとコメの日常

編集室の公式アカウント