Vol.3 野田琺瑯「ホワイトシリーズ」

2022.02.25

用の美通信

読みもの

用の美通信

 

毎日の暮らしに欠かせない日用品。一日に何度も手にするものだから、使い心地が良く、私の暮らしにすっと馴染む美しさを持つものが良い。私がこれまでに出会った機能性・デザインがともに優れたプロダクトや、愛用している日用品について紹介していくコラムです。

 

 

Vol.3 野田琺瑯「ホワイトシリーズ」

 

野田琺瑯をご存知だろうか。栃木県にある琺瑯製品を作っている日本のメーカーで、琺瑯といえば、この野田琺瑯をイメージする方もきっと多いはず。

 

私が野田琺瑯と出会ったのも、前職の雑貨店時代。シンプルなデザインながら、長く使うほどその使い勝手の良さを感じられる。当時はホワイトシリーズのレクタングル深型Mサイズを、主にお弁当箱代わりに使っていた。

 

琺瑯製品の優れたところは、なんといっても食べ物の匂いが付かないこと、油汚れもさらっと気持ち良く落ちるところ。そして抗菌効果もあり、直火にもかけられるところ。今はレクタングル深型の各サイズを用途によって使い分けたり、お味噌のストック入れとしても愛用している。シンプルなデザインは冷蔵庫の中で一際美しく、作り置いた食材などを美味しく保存できる。

 

シール蓋は使っているうちに劣化することもあるけれど、蓋だけ取り寄せて交換することもできるし、好みで琺瑯製の蓋にすることもできる。そうやって長く使い続けられることも、サスティナブルなデザインとして気に入っている。

 

 

 

 


 

 

野田琺瑯

1934年の創業以来、琺瑯(ホウロウ)一筋に製造している栃木県栃木市の琺瑯メーカー。国内で唯一、琺瑯づくりの全ての工程を自社で一貫生産している。

 

HP

野田琺瑯 ホワイトシリーズ

記事を書いた人

渡辺 沙百理

CAFEMUGI スタッフ ・ イベントプランナー

宮城県大崎市生まれ。東北芸術工科大学生産デザイン学科卒業後、仙台市内のインテリアやアパレルショップを展開する会社に入社。13年間店長職や本部職に携わり、店舗運営や企画、国内外の仕入れを担当。 2016年に退職した後、知人が運営するコミュニティスペースでのイベントに魅了され、翌年からイベント企画をスタート。2017年よりブライトに勤務。CAFE mugiのスタッフの他、「イチとニ市」や「1が2になる学校」などの企画を担当。同時期にフリーランスでイベント企画業、「PLANNING LABORATORY」を開業。ワクワクする気持ちを忘れずに、ヒトやモノ・コトを繋ぐ場づくりが好き。2足のわらじとして様々な場所に出没中。

関連の記事0 3

Vol.1 イッタラ「アイノ・アアルト」

Vol.2 柳宗理「ステンレスケトル」

Vol.4 スズノキ堂「みつろうラップ」

編集室おすすめ5 8

Vol.7 ベン・シャーン『一篇の詩の最初の言葉』

Vol.4 電解マーキング

Vol.6  ⾼城友貴さん(びんのおのや)/後編

Vol.6 歌川広重『大はしあたけの夕立』

Vol.6  ⾼城友貴さん(びんのおのや)/前編

Vol.3 写真を刷る

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。

編集室おすすめ5 8

ムギとコメの日常

ムギとコメの日常

編集室の公式アカウント