Vol.6 中谷武司協会の「サトナカクッキー」

2022.08.04

お取り寄せ帖

読みもの

おとりよせ帖

 

いつもより少し特別なお買い物「おとりよせ」。イチトニ編集部員の髙桑と伊東が、「これは…!」と気になったものをおとりよせし、紹介していくコラムです。

 

 

Vol.5 伊勢神宮のご神饌に着想を得た焼き菓子 中谷武司協会の「サトナカクッキー」

 

 

連日続く大雨と蒸し暑さで、疲れが溜まりぐったり気味な日々。心がほっとするような、素朴で優しいお菓子を探していると、素敵なデザインと美味しそうなクッキーを発見!今回ご紹介するおやつは、伊勢への想いが詰まった「サトナカクッキー」です。

 

 

三重県伊勢市の河崎にあるお店「中谷武司協会」。伊勢在住のクリエイターである中谷武司さんがデザインした商品を販売しています。そのうちの一つ、「サトナカクッキー」は手軽に渡せる片手サイズのお土産として考えられた焼き菓子だそうです。

 

 

今回注文したサトナカクッキーは、伊勢神宮の神様に捧げるお食事である「御神饌(ごしんせん)」をイメージして作られたお菓子。御神饌の代表である「塩・米・酒」の3つを、そのままクッキーのフレーバーにしてつくられています。また、こちらの可愛らしいパッケージのロゴは、店舗がある伊勢市河崎の里中地区で実際に使われていた意匠だそうです。

 

 

手作りのクッキーとひとつずつ手作業の包装で仕上げられていて、丁寧でありながら、大切に食べてもらいたいという想いが詰まった商品だと感じました。

 

 

見た目のシンプルさとは裏腹に、種類ごとの味がしっかりしていて驚きました!特に「米」味は、優しい甘さだけでなく雷おこしで使われているしんきび粉が入っていて、噛むたびにプチプチとした食感が良いアクセントになり、まるでお米を食べているようで楽しくいただけました。

 

 

素朴で優しい味わいなので、お茶やコーヒーはもちろん、ココアやチャイなどミルク系の飲み物と合わせても美味しいですよ。またこの暑い季節には濃厚なバニラアイスと合わせて食べても美味しそうです。

 

 

今回も幸せなひとときを過ごせました。ごちそうさまでした!他にも元々店舗が黒糖保存の蔵だった事から、沖縄産黒糖を使用したサトナカBS(ブラックシュガー)や、全種類の味が楽しめる詰め合わせも販売しています。気になる方はぜひ、WEBサイトを覗いてみてくださいね!

 

 


 

 

中谷武司協会

三重県伊勢市河崎2-22-7600

HP

Instagram

 

「サトナカ 9枚入り」
価格 : 842円
賞味期限 : 到着から30日以上
保存方法 : 常温

Onlinestore

 

記事を書いた人

高桑 実乃里

CAFE MUGI 店長・菓子製造・調理

秋田県潟上市生まれ。家庭科の教師であった母親と男鹿の海女であった祖母から、料理やお菓子作りの楽しさを幼少期から学ぶ。自身も食に携わる仕事をしたいと思い、大学では食についての理解を深め、食に携わることを仕事にしていくために管理栄養士免許を取得。管理栄養士の職に就き、食のイベントやワークショップを担当。現在は、CAFE mugiで製菓を担当。好きなことは、食後のおやつと珈琲でゆっくりすること、音楽を聴くこと。

関連の記事0 5

Vol.1 日本とフランスの融合!さくさく食感が楽しいRAUの「Nami-Nami」

Vol.2 クリスマス限定! TEAVER TEAFACTORYの「ホーリーナイトティー」

Vol.3 frozen cake 111(マーチ)の「ガトーショコラ」

Vol.4 仙臺菓匠庵 菓心モリヤの「手作り和菓子キット」

Vol.5 TiTREの「レーズンサンド」

編集室おすすめ6 4

Vol.8 斎藤真一『紅い陽の村』

Vol.5 濃い布地に刷る

Vol.7 ベン・シャーン『一篇の詩の最初の言葉』

Vol.4 電解マーキング

Vol.6  ⾼城友貴さん(びんのおのや)/後編

Vol.6 歌川広重『大はしあたけの夕立』

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。

編集室おすすめ6 4

ムギとコメの日常

ムギとコメの日常

編集室の公式アカウント