Vol.6 自然いっぱい「三滝堂ふれあい公園」編

2022.07.29

ムギコメ探訪

読みもの

ムギコメ探訪

 

私たち人間にとっては大きなしあわせをもたらしてくれる、かけがえのない存在です。犬との暮らしの中でいちばん大切にしているのが、遊びの時間。日々の公園散歩の他にも、その季節に合わせて気持ちよく遊べるスポットを探し様々な場所に足を運んできました。これまで訪れたおすすめの遊び場を、イチトニの看板犬「ムギ」と「コメ」がお届けしていく犬のための遊び場コラムです。

 

—ムギとコメ—

【犬種】ジャック・ラッセル・テリア

ムギ→海も川も雪も山も、とにかく自然が大好き!筋肉ムキムキ活発な女の子。

コメ→マイペースで癒し系。ふわふわビューティー、ベビーフェイスの女の子。

 

 

Vol.6 自然いっぱい「三滝堂ふれあい公園」編

 

 

 

 

仙台市内から登米方面に車を走らせ約1時間15分。今回ご紹介するのは「三滝堂ふれあい公園」。三陸自動車道のインターチェンジから近くアクセス良好です。

 

宮城県登米市東和にある「三滝堂ふれあい公園」は、園内に澄んだ水が流れ、魚が泳ぐ川があり、ワンちゃんもお子さんも安心して水遊びができる夏のお出かけにうってつけの場所です。

 

 

 

 

 

公園内にはキャンプサイトを併設しており、テーブルやベンチ、トイレ、売店、遊具もあり設備がとても充実しています。屋根のある炊事棟がありBBQや芋煮も気軽に楽しめるので、オンシーズンにはアウトドアを楽しむ人で賑わいます。川の向こう側には、川に架かっている橋を渡るほか、川にじゃぶじゃぶ入って、行き来することもでき、すごく楽しいです。

 

 

 

 

 

 

三滝堂ふれあい公園の一番の魅力は、川底がはっきり見えるぐらいの水の透明度。水深も浅いので、泳ぐのが苦手なコメも自分からぐんぐん入っていきます。

 

 

 

 

川にずっと入っていると、ワンちゃんの体が冷えてくるので心配になりますが、ここならすぐ近くに芝生エリアがあるので、冷えてきたら園内を歩き散歩したりして、適度に体温調整できるのも嬉しいポイント。

 

 

 

 

 

飼い主さんの休憩場所として、徒歩圏内に「三たてそば・すぎやま」というお蕎麦屋さんがございます。ワンちゃん抱っこならテラス席が利用できます。

 

 

 

 

暑い季節は、外で太陽の光をたっぷり浴びて、人間も犬も健康的に過ごしたいですよね!ぜひこの夏のレジャーに足を運んでみてください。

 

 

それではまた次回もお楽しみに。

 

 


 

 

三滝堂ふれあい公園

宮城県登米市東和町米谷字相川1-6(駐車場30台あり、トイレあり)

MAP

 

ムギ&コメの日常はこちら

Instagram

記事を書いた人

荒川 瞳

プロジェクトマネージャー ・ デザイナー

山形県米沢市生まれ。家業は田舎の小さな町工場。自営業のもとで育ち、幼少期から自分で何でも手作りする事が好きになる。高校時代は調理・農業・服飾を学び、その後は仙台の専門学校でグラフィックデザインを学ぶ。卒業後は仙台市内のデザイン会社で数年間勤務した後、飲食業へ転職。約10年間、菓子製造や珈琲の知識を積む。同時期に並行して服飾経験を生かしたオーダー制のエプロン屋も個人事業で開業。その後、夫の事業と合わせて2017年に法人化、1TO2BLDG.を立ち上げ、現在に至る。好きなものは、犬、じゃがいも、ビール、コーヒー、もちもちモフモフしたもの。

関連の記事0 5

Vol.1 「秋保で川遊び!羽山橋」へ行ってみたよ。編

Vol.2 「エンゼルフォレスト那須白河」編

Vol.3 「大倉ダム湖畔公園&定義如来」編

Vol.4 春を満喫!「四十八滝運動公園」編

Vol.5 夏は川遊び!「蛇石せせらぎ公園」編

編集室おすすめ6 4

Vol.8 斎藤真一『紅い陽の村』

Vol.5 濃い布地に刷る

Vol.7 ベン・シャーン『一篇の詩の最初の言葉』

Vol.4 電解マーキング

Vol.6  ⾼城友貴さん(びんのおのや)/後編

Vol.6 歌川広重『大はしあたけの夕立』

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。

編集室おすすめ6 4

ムギとコメの日常

ムギとコメの日常

編集室の公式アカウント