Vol.8 KIJITORAの「栗と黒ゴマのパウンドケーキ」

2022.12.03

お取り寄せ帖

読みもの

おとりよせ帖

 

いつもより少し特別なお買い物「おとりよせ」。イチトニ編集部員の髙桑と伊東が、「これは…!」と気になったものをおとりよせし、紹介していくコラムです。

 

 

Vol.8 健康的で幸せなおやつの時間を。グルテンフリーの焼き菓子店KIJITORAの「栗と黒ゴマのパウンドケーキ」

 

紅葉が散り、冬らしい季節になってきましたね!外に出るのも億劫になりがちではありますが、冷たい風を感じながら温かいコーヒーを飲むのが好きだったりします。

 

さて、今回ご紹介するご褒美おやつは以前からデザインが可愛くて気になっていた、グルテンフリーの焼き菓子を展開するお店KIJITORAの「栗と黒ゴマのパウンドケーキ」です。

 

 

 

 

東京都目黒区の学芸大学前にお店を構えるグルテンフリーの焼き菓子店「KIJITORA」。パウンドケーキをはじめとした数種類の焼き菓子は全てグルテンフリー、添加物不使用、甘さ控えめで、一部にはスーパーフードも使用しているとの事!

 

昔から子煩悩と言われている「雉(キジ)」と「虎(トラ)」をシンボルに、お子様からシニアの方まで、おいしくて体に負担のないお菓子作りを心がけています。箱には雉と虎の押し印がされていて、シンプルながらも可愛らしいデザインです。

 

 

 

 

 

今回注文したのは、「栗と黒ゴマのパウンドケーキ」。なんとパウンドケーキは8種類ものフレーバーを展開しており、選ぶ時からワクワクが止まりません…!ワンホールからの注文なので、ご家族や友人とのカフェタイムにぴったりですね。

 

 

 

 

袋を開けると黒ゴマの芳ばしい良い香りが〜!ケーキの色からもわかる通り、生地には黒ゴマのペーストがたっぷり混ぜ込まれていて、キジトラのパウンドケーキの中でも群を抜いたしっとり感だそうです。

 

さらにオーガニックの炒り黒ゴマのプチプチ食感がより黒ゴマの存在感を引き立たせ、中心に入ってる栗の甘露煮と合わせると、まるで和菓子を食べているような感覚に。

 

温かいお茶と合わせていただくのも良いですが、私はホットミルクと合わせるのがベストでした!鼻から抜けた濃厚な黒ゴマとミルクの香りがたまりません…。ぜひお試しあれ!

 

 

 

 

今回も幸せなひとときを過ごせました。ごちそうさまでした!他にも8種類のパウンドケーキが楽しめる詰め合わせや、フィナンシェ、グラノーラなどもオンラインで販売しております。店舗の雰囲気も素敵なので、気になる方はぜひWEBサイトを覗いてみてくださいね!

 

 


 

 

KIJITORA(キジトラ)

 東京都目黒区鷹番3-3-9  1階

HP

Instagram

 

「栗と黒ゴマ(ホール)」
価格 : 3753円(税込)
賞味期限 : 到着から7日
保存方法 : 冷蔵

Onlinestore

 

記事を書いた人

高桑 実乃里

CAFE MUGI 店長・菓子製造・調理

秋田県潟上市生まれ。家庭科の教師であった母親と男鹿の海女であった祖母から、料理やお菓子作りの楽しさを幼少期から学ぶ。自身も食に携わる仕事をしたいと思い、大学では食についての理解を深め、食に携わることを仕事にしていくために管理栄養士免許を取得。管理栄養士の職に就き、食のイベントやワークショップを担当。現在は、CAFE mugiで製菓を担当。好きなことは、食後のおやつと珈琲でゆっくりすること、音楽を聴くこと。

関連の記事0 7

Vol.1 日本とフランスの融合!さくさく食感が楽しいRAUの「Nami-Nami」

Vol.2 クリスマス限定! TEAVER TEAFACTORYの「ホーリーナイトティー」

Vol.3 frozen cake 111(マーチ)の「ガトーショコラ」

Vol.4 仙臺菓匠庵 菓心モリヤの「手作り和菓子キット」

Vol.5 TiTREの「レーズンサンド」

Vol.6 中谷武司協会の「サトナカクッキー」

Vol.7 銀座ねんりん家の「マウントバーム」

編集室おすすめ7 1

Vol.9 伊藤若冲『鳥獣花木図屏風』

Vol.6 今年の作品集

Vol.8 斎藤真一『紅い陽の村』

Vol.5 濃い布地に刷る

Vol.7 ベン・シャーン『一篇の詩の最初の言葉』

Vol.4 電解マーキング

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。

編集室おすすめ7 1

ムギとコメの日常

ムギとコメの日常

編集室の公式アカウント