第1回 バレーボウイズ『なつやすみe.p』

2021.08.13

歌のかたち

読みもの

歌のかたち

 

CDやレコード、カセットテープ。歌はいろんな「かたち」で聴き手の元にやってきます。歌だけでなく、ジャケットや歌詞カードのデザイン、素材、手触りにも目を向けてみると、つくり手のこだわりがもっと感じ取れるものです。インターネットでも手軽に歌を聴くことができるこの時代、それでも実物を手にしてよかったと感じる歌の「かたち」について目を向けてみるコラムです。

 

 

第1回 バレーボウイズ『なつやすみe.p』

 

 

 

 

あるなつやすみの日、注文していた「バレーボウイズ」のCD『なつやすみe.p.』が届いた。うれしい気持ちでそのCDを開いてみると、夏の田舎道をイメージさせるような景色のデザイン、そして連なる山々のイラストの間からまるでバレーボール(を模したCD)が飛び出してくるかのようなつくり。それを見て思わず、きゃーと女子みたいな歓声をあげてしまった。デザインは、メンバーでありグラフィックデザイナーでもある高山燦さん。青春の青臭さと熱苦しさ、夏の切なさがたっぷり詰まった彼らの音楽は、ドライブのお供にこれでもかという程ぴったりで、CDを流しながら8月の山形へ向かったのだった。

 

 

 

 


 

 

バレーボウイズ

懐かしくて新しいハーモニーが多くのリスナーを魅了させる、京都の男女混成7人組バンド。惜しまれながら2020年9月に解散。

▷ Twitter

▷解散前最後に発表した楽曲はこちら

記事を書いた人

伊藤 優果

SURUCCHAスタッフ・ライター

宮城県仙台市生まれ。大学生の頃にウェブマガジンの取材記事を執筆し、ことばを形にして人へ伝える喜びを知る。卒業後は地元の印刷会社に就職し、営業職を経験。紙や印刷技術が持つ無限の可能性に魅せられ、印刷はひとつの表現方法であると考えるようになる。現在はブライトにて、シルクスクリーン印刷所「SURUCCHA」のスタッフや、ライターとして勤務。心がけていることは「一刷入魂」。

関連の記事0 4

第2回 浮『つきひ』

第3回 イ・ランと柴田聡子『ランナウェイ』

第4回 mei ehara『Sway』

第5回 たけとんぼ『春はまだか / 旅の前』

編集室おすすめ6 4

Vol.8 斎藤真一『紅い陽の村』

Vol.5 濃い布地に刷る

Vol.7 ベン・シャーン『一篇の詩の最初の言葉』

Vol.4 電解マーキング

Vol.6  ⾼城友貴さん(びんのおのや)/後編

Vol.6 歌川広重『大はしあたけの夕立』

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。

編集室おすすめ6 4

ムギとコメの日常

ムギとコメの日常

編集室の公式アカウント