Vol.1 「秋保で川遊び!羽山橋」へ行ってみたよ。編

2021.09.10

ムギコメ探訪

読みもの

ムギコメ探訪

 

私たち人間にとっては大きなしあわせをもたらしてくれる、かけがえのない存在です。犬との暮らしの中でいちばん大切にしているのが、遊びの時間。日々の公園散歩の他にも、その季節に合わせて気持ちよく遊べるスポットを探し様々な場所に足を運んできました。これまで訪れたおすすめの遊び場を、イチトニの看板犬「ムギ」と「コメ」がお届けしていく犬のための遊び場コラムです。

 

—ムギとコメ—

【犬種】ジャック・ラッセル・テリア

ムギ→海も川も雪も山も、とにかく自然が大好き!筋肉ムキムキ活発な女の子。

コメ→マイペースで癒し系。ふわふわビューティー、ベビーフェイスの女の子。

 

 

Vol.1 「秋保で川遊び!羽山橋」へ行ってみたよ。編

 

 

 

 

短い夏の間に「今年は何回連れて行ってあげられるかなぁ」と指折り数えてしまいます。そしてムギのおかげで、夏が大嫌いだった私も、夏がくるのを待ち遠しくなるようになりました。

 

水遊びが大好きなムギですが、ちゃんと一人で泳げるようになったキッカケの場所があります。仙台の街中から車で約30分の場所にある、秋保の「羽山橋」付近の河原です。ここは名取川が流れる大きな河原で、春はお花見、夏は川で水遊び、秋は芋煮会とシーズン通して遊べます。河原へは、羽山公衆トイレのすぐ近くに、河原へ降りる道があります。

 

 

 

 

ムギはいつもこの辺から大興奮で、一直線に川へと駆け下りていきます。一旦、ムギの興奮を制御して、安全のためロングリードを装着。次は、くわえやすい木の枝を探して、いざ川へGO!

 

 

 

 

もう、、ここからは、大集中のムギちゃん。何度も川に入っては枝を取ってきて投げての繰り返し。普段遊ぶ時は与えない木の枝を取ってくるのが何よりも楽しいようです。

 

 

 

 

途中休憩させようとしても、早く投げてよ〜!と興奮冷めやらぬ状態。これぞまさにスイマーズハイ…?水遊びが好きすぎる子は、休憩もしっかり取らせましょうね。帰りには遊び疲れて車でぐっすり間違いなしです。

 

 

 

 

ここはお水がとてもきれいで、ワンちゃんが濡れても臭くならないのが嬉しいところ。浅瀬が続いているので、飼い主さんも一緒に水に入って遊べます。サンダルを持っていくのがおすすめですよ。

 

駐車場は、羽山橋の両側2箇所にあります。川遊びシーズンはすごく混み合い、道路一帯が渋滞することがあったのでご注意を。ナビで行くときは「羽山公衆トイレ」で探すと良いですよ。

 

 

 

 

 

川遊びした後は、秋保温泉街にある、「Pizza&Cafe 森のオーブンドットーレ」さんでピザランチなんていうコースもおすすめです。テラス席がワンちゃん連れOKで、石窯で焼く絶品ピザを楽しむことができます。

 

 

 

 

秋保は他にも遊び場所がたくさんありますが、仙台の街中からでも、気が向いた時に気軽に行ける距離なのがいいですね。

 

 

 

それではまた次回もお楽しみに。

 

今回の遊び場はこちら!

 

羽山橋

仙台市太白区秋保町境野羽山46

MAP

 

Pizza&Cafe 森のオーブン Dottore(ドットーレ)

仙台市太白区秋保町湯元字釜土1

HP

 

ムギ&コメの日常はこちら

Instagram

 

記事を書いた人

荒川 瞳

プロジェクトマネージャー ・ デザイナー

山形県米沢市生まれ。家業は田舎の小さな町工場。自営業のもとで育ち、幼少期から自分で何でも手作りする事が好きになる。高校時代は調理・農業・服飾を学び、その後は仙台の専門学校でグラフィックデザインを学ぶ。卒業後は仙台市内のデザイン会社で数年間勤務した後、飲食業へ転職。約10年間、菓子製造や珈琲の知識を積む。同時期に並行して服飾経験を生かしたオーダー制のエプロン屋も個人事業で開業。その後、夫の事業と合わせて2017年に法人化、1TO2BLDG.を立ち上げ、現在に至る。好きなものは、犬、じゃがいも、ビール、コーヒー、もちもちモフモフしたもの。

編集室おすすめ1 0

Vol.2 山本 潤美さん(日々ノ道具 奥田金物)/後編

Vol.2 山本 潤美さん(日々ノ道具 奥田金物)/前編

Vol.1  渡辺 沙百理さん(イベントプランナー)/前編

Vol.1  渡辺 沙百理さん(イベントプランナー)/後編

旅するイチトニ市 in Online

焼菓子とごはん「CAFEMUGI(カフェムギ)」

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。