第2回 浮『つきひ』

2021.11.05

歌のかたち

読みもの

歌のかたち

 

CDやレコード、カセットテープ。歌はいろんな「かたち」で聴き手の元にやってきます。歌だけでなく、ジャケットや歌詞カードのデザイン、素材、手触りにも目を向けてみると、つくり手のこだわりがもっと感じ取れるものです。インターネットでも手軽に歌を聴くことができるこの時代、それでも実物を手にしてよかったと感じる歌の「かたち」について目を向けてみるコラムです。

 

 

第2回 浮『つきひ』

 

 

 

 

ある秋の日、郵便受けに届いたのは東京在住のミュージシャン「浮(ぶい)」の『つきひ』という楽曲のダウンロードコードが付いたポストカード。銀がかったような青とベージュのグラデーションが刷り込まれていて、その淡くゆるやかな色の変化は夜明けのようにも見えるし、日暮れのようにも見える。表面には歌詞が同じグラデーションカラーで、カードの縁に沿うように小さく刷られている。歌を聴きながらそれを眺めてみると、活版印刷でぎゅっと押され少し重みを持ったことばたちが、ゆったりと川を流れている景色が想像できた。思わずため息が出る。手仕事で1枚ずつ印刷されたカードに、浮本人手書きの宛名と切手。郵便で送られたものの、まるで直接受け取ったようで、一際嬉しい気持ちになったのだった。

 

 

 

 


 

 

▷『つきひ』の視聴はこちら

 

 

浮(ぶい)

米山ミサのソロプロジェクト。何百通りの風に吹かれながらギターを弾き、うたう。

HP

Twitter

Instagram

 

記事を書いた人

伊藤 優果

SURUCCHAスタッフ・ライター

宮城県仙台市生まれ。大学生の頃にウェブマガジンの取材記事を執筆し、ことばを形にして人へ伝える喜びを知る。卒業後は地元の印刷会社に就職し、営業職を経験。紙や印刷技術が持つ無限の可能性に魅せられ、印刷はひとつの表現方法であると考えるようになる。現在はブライトにて、シルクスクリーン印刷所「SURUCCHA」のスタッフや、ライターとして勤務。心がけていることは「一刷入魂」。

関連の記事0 4

第1回 バレーボウイズ『なつやすみe.p』

第3回 イ・ランと柴田聡子『ランナウェイ』

第4回 mei ehara『Sway』

第5回 たけとんぼ『春はまだか / 旅の前』

編集室おすすめ5 8

Vol.7 ベン・シャーン『一篇の詩の最初の言葉』

Vol.4 電解マーキング

Vol.6  ⾼城友貴さん(びんのおのや)/後編

Vol.6 歌川広重『大はしあたけの夕立』

Vol.6  ⾼城友貴さん(びんのおのや)/前編

Vol.3 写真を刷る

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。

編集室おすすめ5 8

ムギとコメの日常

ムギとコメの日常

編集室の公式アカウント