Vol.5 TiTREの「レーズンサンド」

2022.06.03

お取り寄せ帖

読みもの

おとりよせ帖

 

いつもより少し特別なお買い物「おとりよせ」。イチトニ編集部員の髙桑と伊東が、「これは…!」と気になったものをおとりよせし、紹介していくコラムです。

 

 

Vol.5 素材の美味しさを引き出すお菓子屋さん TiTREの「レーズンサンド」

 

ゴールデンウィークの繁忙期を終え、自分へのご褒美を探していると、SNSで以前からずっと気になっていたお店「TiTRE(ティトル)」のお菓子を発見!今回のご褒美おやつは、人気のお菓子「レーズンサンド」です。

 

 

 

 

東京都世田谷区にあるカフェ「TiTRE(ティトル)」。素材の持つ味わいや香りを大切にしながら、シンプルなおいしさを丁寧に引き出すお菓子作りをコンセプトに、日常を少しだけ特別にするお菓子たちが並んでいます。

 

 

 

 

今回注文したのは「レーズンサンド」。ウォッシュタイプのチーズとホワイトチョコレート、発酵バターを混ぜ込んだクリームの間に、ラム酒漬けしたレーズンとクルミがごろごろ。自家製のサブレでサンドしています。

 

 

 

 

ホワイトチョコのミルキーな甘さとコクのあるチーズの塩気が、絶妙なバランスでマッチ。濃厚な甘塩っぱさがクセになる一品です。大粒のクルミの食感やラムレーズンの香りが良いアクセントになり、奥行きのある大人な味わいが楽しめます。

 

 

 

 

食べる前に少し常温に置いておくと、中のクリームが柔らかくなりしっとりとした食感でいただけます。またコーヒーだけでなく、ワインと合わせて頂くのもおすすめだそうですよ。

 

 

 

 

今回も幸せなひとときを過ごせました。ごちそうさまでした!他にもハーブとスパイスの効いたクッキーや、季節限定の焼き菓子セットも販売しています。本店限定のお菓子もあるので、いつかお店にも伺いたいところ。気になる方はぜひ、WEBサイトを覗いてみてくださいね。

 

 


 

 

TiTRE

東京都世田谷区砧7-12-26

HP

Instagram

 

「レーズンサンド6個入」

価格 : 3200円

賞味期限 : 冷凍で2週間、解凍後は当日中

保存方法 : 冷凍(食べる際、冷蔵庫で解凍)

Onlinestore

記事を書いた人

高桑 実乃里

CAFE MUGI 店長・菓子製造・調理

秋田県潟上市生まれ。家庭科の教師であった母親と男鹿の海女であった祖母から、料理やお菓子作りの楽しさを幼少期から学ぶ。自身も食に携わる仕事をしたいと思い、大学では食についての理解を深め、食に携わることを仕事にしていくために管理栄養士免許を取得。管理栄養士の職に就き、食のイベントやワークショップを担当。現在は、CAFE mugiで製菓を担当。好きなことは、食後のおやつと珈琲でゆっくりすること、音楽を聴くこと。

編集室おすすめ6 4

Vol.8 斎藤真一『紅い陽の村』

Vol.5 濃い布地に刷る

Vol.7 ベン・シャーン『一篇の詩の最初の言葉』

Vol.4 電解マーキング

Vol.6  ⾼城友貴さん(びんのおのや)/後編

Vol.6 歌川広重『大はしあたけの夕立』

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。

編集室おすすめ6 4

ムギとコメの日常

ムギとコメの日常

編集室の公式アカウント