Vol.7 銀座ねんりん家の「マウントバーム」

2022.10.14

お取り寄せ帖

読みもの

おとりよせ帖

 

いつもより少し特別なお買い物「おとりよせ」。イチトニ編集部員の髙桑と伊東が、「これは…!」と気になったものをおとりよせし、紹介していくコラムです。

 

 

Vol.6 日本人の魂に響くバウムクーヘンを。銀座ねんりん家の「マウントバーム」

 

肌寒くなってきて、秋が近づいてきたと感じるこの頃。焼き菓子とホットコーヒーがより欲しくなる季節になってきましたね!今日も楽しくご褒美おやつを探していると、大好きなねんりん家のバームクーヘンに秋限定のモンブランフレーバーが販売されたとのこと。今回ご紹介するおやつは、長い歳月をかけて完成した銀座ねんりん家の「マウントバーム」です。

 

 

 

 

東京銀座に本店を構えるバームクーヘン専門店「銀座ねんりん家」。日本人の魂に響くバームクーヘンを作り上げるため、独自製法である【乾燥した熱で蒸らし焼きにする】という相反した作業を同時にできる窯を一から造りあげ、試行錯誤と長い歳月をかけて完成した、作り手念願のバームクーヘンです。

 

 

 

 

今回注文したのは、「マウントバーム」のバター風味のしっかり芽とモンブランの2本が入った詰め合わせ。綺麗な箱とデザインで、開封してからワクワクが止まりません…!

 

 

 

 

マウントバームの特徴は、外はシュガーコーティングで香ばしくサクッとしており、中はしっかりとした生地の旨さと、しっとり食感に仕上げています。まるでフランスパンのような食べ心地が魅力の一品です。この不揃いな層は独自の窯で長時間焼きあげて、おいしさを引き出したこだわりの証だそうです。

 

 

 

 

濃厚なバターの風味が香るマウントバーム「しっかり芽」は、3種類のバターをブレンドして作られており、小麦と卵の味がさらにバターの風味を引き立たせて、濃厚ながらも癖になる一品に。秋限定のマロンバームは、2種類のイタリア産マロンを練りこんだ濃厚な生地に、バニラの風味を加えた贅沢な一品。食べた瞬間、栗のうまみと香りが口いっぱいに広がります。

 

 

 

 

2つともしっかりとした味わいで、食べ応えバッチリです。また500Wの電子レンジで40秒ほど温めると、バターとマロンの香りが立ってより濃厚なバームに仕上がります。寒い季節になってきましたので、ぜひ温かいコーヒーやミルクと一緒にいかがでしょうか?インスタグラムで「#ねんりん家journal」と調べると公式がアレンジレシピを展開しているので、いろんな食べ方で楽しみたいですね!

 

 

 

 

今回も幸せなひとときを過ごせました。ごちそうさまでした!他にも食感が楽しめるバームの詰め合わせや、季節限定でレモンやショコラなど様々なフレーバーを展開しており、どれも魅力的で見逃せない一品です。気になる方はぜひ、WEBサイトを覗いてみてくださいね!

 

 


 

 

銀座ねんりん家 銀座本店

東京都中央区銀座5-6-15 座STONE[ザ・ストーン]1F

HP

Instagram

 

「秋のマウントバーム 2本入り」
価格 : 1814円(税込)
賞味期限 : 到着から7日
保存方法 : 常温

Onlinestore

 

記事を書いた人

高桑 実乃里

CAFE MUGI 店長・菓子製造・調理

秋田県潟上市生まれ。家庭科の教師であった母親と男鹿の海女であった祖母から、料理やお菓子作りの楽しさを幼少期から学ぶ。自身も食に携わる仕事をしたいと思い、大学では食についての理解を深め、食に携わることを仕事にしていくために管理栄養士免許を取得。管理栄養士の職に就き、食のイベントやワークショップを担当。現在は、CAFE mugiで製菓を担当。好きなことは、食後のおやつと珈琲でゆっくりすること、音楽を聴くこと。

関連の記事0 6

Vol.1 日本とフランスの融合!さくさく食感が楽しいRAUの「Nami-Nami」

Vol.2 クリスマス限定! TEAVER TEAFACTORYの「ホーリーナイトティー」

Vol.3 frozen cake 111(マーチ)の「ガトーショコラ」

Vol.4 仙臺菓匠庵 菓心モリヤの「手作り和菓子キット」

Vol.5 TiTREの「レーズンサンド」

Vol.6 中谷武司協会の「サトナカクッキー」

編集室おすすめ6 4

Vol.8 斎藤真一『紅い陽の村』

Vol.5 濃い布地に刷る

Vol.7 ベン・シャーン『一篇の詩の最初の言葉』

Vol.4 電解マーキング

Vol.6  ⾼城友貴さん(びんのおのや)/後編

Vol.6 歌川広重『大はしあたけの夕立』

イチトニ編集室とは

イチトニ編集室は、様々なヒト・モノ・コトにまつわる「一歩目二歩目」をテーマにしてご紹介していくWEBメディアです。1TO2 BLDGのスタッフが編集者となり、個人や事業者の昔から現在、新しく生まれたモノや古くから続くモノなど、私たちの目線で見て、面白いな、知ってもらいたいな、と思ったことを記事にしていきます。

編集室おすすめ6 4

ムギとコメの日常

ムギとコメの日常

編集室の公式アカウント